完済するコツとは

返済期間と借入額でしっかり計画をたてるのが完済するコツ

借入金額は最小限に

 

ローンを組んだ後返済に葉それなりの負担が掛かりますが、それでも確実にローンを完済するには借入金額を最小限に抑えることが一番のコツです。返済するのが難しいだけの金額を借りれば当然返済は難しくなり、最悪返済を滞らせることになるので、ローンの借りすぎだけは避けるようにしましょう。ローンによっては最初に借りる段階で限度額設定が行えるものがありますが、その際限度額を高く設定しすぎると、追加でローンを組んでしまう方が多いので、そういったことがおきないように限度額も最小限に抑えてください。

 

返済期間は借りた額に応じて調整

 

ローンを組む際返済期間を設定することになりますが、返済期間は借りた額に応じて調整することが無理なく完済するコツです。返済期間は一見すると長期化させたほうが負担が少なそうに見えますが、返済期間が長期化することで利息の支払負担が増大してしまうので、返済期間が延びれば伸びるほど返済総額は膨れ上がります。なので月々の負担を多少多くしても余裕があるなら、返済期間を短く調整して利息の負担を減らしたほうが良いでしょう。

 

金利はなるべく減らすように

 

余裕を持って完済することが出来るなら、完済までに掛かる負担を減らす方法についても考えてみましょう。返済時に掛かる負担は金利によって発生するので、ローンを組む時点で金利が低いところをなるべく選ぶようにしたり、金利を減らすことができるキャンペーンなどが開催されていたらそちらも利用できるかどうかチェックしてみましょう。また返済時に金銭的な余裕があるなら、繰上返済を行うことでそれ以降の返済時に掛かる金利の負担を減らすことも出来るので、手数料も考慮しつつ負担が減りそうなら積極的に繰上返済を行いましょう。