返済が間に合わないときにとるべき行動

返済が間に合わない!まずは早めの連絡を!

まずは連絡

 

ローンを組んだのはいいものの、返済日までに入るはずだったお金が何かの都合で遅れてしまうなどの理由で返済が出来なくなったという方は少なくありません。こうした債務トラブルが原因でブラックリストに登録されるなどと考える方も多いのではないかと思いますが、返済が間に合わない時は落ち着いてローンを組んだ会社に連絡してみましょう。数日中にでも返済額が用意できるなら、金融会社側も数日の返済期間の延長は許可してくれますし、それが無理でも何らかの対策を練ってくれるでしょう。

 

多少の融通は効く事が多い

 

ローンの返済が出来ないとなると、すぐにブラックリストに登録されて債務の取立てが来るようになるというイメージがありますが、最近は過剰な取立ては法律で禁止されるようになっていますし、始めて返済を滞らせた場合は可能な限り早く返済すればブラックリストに登録されることもありません。少なくとも問答無用で人生が終わるような対策を取ることは無く、多少の融通は効く事が多いので、すぐに返済出来ない状態であっても大丈夫です。

 

多重債務は避けるように

 

よく滞った返済をどうにかして終わらせようとして新たに別の会社でローンを組んで返済に充てる方がいますが、そうした返済方法は絶対に避けるようにしましょう。そうしたローンは金利分さらに多くの債務を作ることになり、その次の返済時により多くの負担が掛かります。このことがきっかけで雪だるま方式に債務が膨れ上がっていく多重債務を引き起こしかねないので、債務を債務で解決することは基本的には出来ないものと思ってください。こうした債務トラブルのほとんどは自分一人で問題を解決しようとして起きることが多いので、まずは金融会社や周りの人に相談するようにしてください。