余裕があるときにまとめて返済ってできる?

余裕がある月は繰上返済がお得に

繰上返済を使う

 

ローンを組んだ後の返済は基本的に何ヶ月かに分けて行われることが多く、返済期間の間は金利手数料と合わせて少しずつ返済していくことになりますが、その月は金銭的に余裕があり、より多くの費用を返済に充てることが出来るということもあるかもしれません。そんな時に役立つのが繰上返済で、通常の返済に加えて追加で返済を行うことが出来ます。繰上返済の場合金利をかけずに支払った全額を返済に充てることが出来るので、最終的な返済総額を減らし、返済時の負担を軽減させることが出来ます。

 

小額の返済を続けるよりもお得

 

月々の返済を地道に続けるのも、確実に返済を行う上では有効ではあるのですが、月々の返済の場合は金利手数料分の支払分負担が掛かってしまいます。その額は全体の割合で言えば少なく、返済を続けるごとに減りはするものの、返済が終わるころにはかなりの額が手数料として取られることになるため、返済総額は借りた額よりもはるかに大きくなることは間違いありません。その点先立って繰上返済によって返済を済ませておけば、金利手数料に掛かる額は大きく減ってくれるので、小額の返済を続けるよりもよりお得になります。

 

手数料と支払うタイミングに注意

 

ローン返済時の負担を減らすのに役立つ繰上返済ですが、利用する際は手数料と支払うタイミングに注意する必要があります。金融会社にもよりますが、繰上返済には手数料が必要なことが多く、手数料分を差し引くと月々の返済を続けたほうが返済総額が少なくなることもありますし、返済がほぼ完了したころに繰り上げ返済を行っても、金利負担はほとんど減らせなくなってしまいます。最初の返済日に多額の繰上返済を行うのが最も理想的なタイミングなので、金銭的に余裕があるなら繰上返済を利用しましょう。