利息はどのように計算されているのか

利息は月ごとに計算式にしたがって増えていく

基本となる計算式

 

ローンを返済する際はそのまま借りた額を払うだけでなく、利息を支払う必要があります。利息の額は利用したローン会社などによって異なりますが、基本となる利息の計算式は【利用残高×実質年率÷365×利用日数】とされています。利用残高はそのまま自分が借りた額を、実質年率はローン会社などが独自に設定している数値、利用日数はローンを組んだ際に設定した返済期間を充てて計算することで利息の額が求められます。ローンを組む際は前もって利息計算を行い、一番負担が掛からないローンを借りるようにしましょう。

 

利息の負担が増える理由

 

利息の負担はどのローンを借りても起こりえるものですが、ローンの組み方仕出しでは利息の負担が増大してしまいます。例えばローンを組む際限度額ギリギリの大金を借りる場合は実質年率が引き上げられることはよくありますし、利用日数が伸びればそれだけ利息を支払う回数も増え、返済負担は膨れ上がっていきます。利息の負担を最小限に抑えるためには、実質年率を上げないように必要最小限の額だけを借りるようにし、利用日数を可能な限り短くするよう設定することが重要です。

 

返済期間を短縮させよう

 

利息による負担を最小限に抑えるためには返済期間を短縮させることが何より大切です。そのためには借りる金額を少なくしたり、利用期間を短くするといった借り方に気を配るのと同時に、返済中に返済期間を短縮させるよう繰上返済を行いましょう。繰上返済は利息負担をかけずに返済額を減らすことが出来るので、今後掛かる返済利息の負担を軽減させ、返済総額を減らすことが出来ます。繰上返済は早めに行うのが一番有効なので、金銭的に余裕があるのであれば、最初の返済日から繰上返済を行いましょう。