即日利用キャッシング|電気代

すぐには止められない。確実な支払いにはクレジットカードおすすめ

電気・ガス・水道などの公共料金は、滞納すると供給ストップ通知がきますが、通知もなしに即日ストップということはありません。また、事前に連絡しておくと大丈夫なことが多いです。実際、電気供給停止の通知が来ても、電気が止められないこともあるようです。

 

滞納を避けるためにできること

しかしながら公共料金は、滞納しないで支払うのが当然なので、滞納しないようにするには、どうすれば良いのでしょうか? 
銀行口座からの引き落としが間違いないでしょう。当月分引き落としできなかったとしても、次回の引き落とし分と一緒に引き落としになるので安心です。銀行口座からの引き落としにしておくと電気会社のほうも安心です。

 

公共料金もクレジットカードで支払える

最近では公共料金もクレジットカードで支払うことができ、さらにポイントが貯まり、貯まったポイントを利用してお得にショッピングすることができます。
クレジットカードからの引き落とし申込みは、WEBサイトからも申し込めるので簡単で便利です。ポイントが貯まるとお得にショッピングができるので、毎月の楽しみが増えますね。
しかし銀行口座からの引き落としと、クレジットカードからの引き落としには注意することがあります。引き落としの金額によって損得差額が生じるのです。
例えば、自分の銀行口座からの引き落としにすると、毎月の電気料金から、52.5円の割引制度が適用されますが、クレジットカードでの引き落としには適用されません。ポイントの割引金額は利用金額に応じて、増減します。また、クレジットカードの更新手続きが面倒です。クレジットカードには有効期限があり、期限が切れると更新し直さないといけないことが多いです。クレジットカードによっては、自動更新されるところもあります。