即日利用キャッシング|家賃滞納

事情を話して、遅れてもしっかり支払う。

家賃滞納は大きな問題です。しかし事情があって家賃納入が遅れる場合は、たとえ小さな理由があっても、家賃納入が遅れることを必ず大家さんに伝えましょう。
大家さんにもよりますが、1・2か月分家賃が遅れても即日退去させられるということはないと思います。気まずくなることがあるかもしれませんが、優しい大家さんであれば快く支払いを待ってくれる場合もあります。

 

即日退去命令が出る場合も

当然ながら少し遅れただけでも、賃貸契約にそって退去命令が出るところもあります。強制執行になる場合もあります。強制執行は、家主が家賃滞納を裁判所に訴え、裁判所から○月○日強制執行通知がきます。
その日には、運送業者を伴い、立ち退きに来ますが借主は、だいたい1ヶ月前には新住居に引越しするのが普通です。

 

貸主の立場からしても、借主に家賃を滞納されると対応の仕方には苦労するようです。
遅れても支払いをしてくれる借主だと良いですが、中には家賃滞納し、支払いが終わらないうちに引越しされる場合があります。こうなると貸主の方はちょっと複雑です。
新住所に引っ越した場合、まず滞納されていた家賃分が戻るのは難しいです。その代わりに家賃滞納者が退去してくれると、家賃滞納されるという心配がなくなるわけです。
対策としては退去時に家賃の清算、すぐに払ってもらえない場合は、家賃滞納分支払予定契約書を作成しサインをもらったり、保証人に連絡すると伝えるなど対策をします。究極策は弁護士に相談して法的措置を講じる方法があります。

 

金銭的トラブルは絶対に避けたい

このように借主と貸主の間には、さまざまな家賃滞納トラブルがおこっています。貸主の対応の仕方にも様々なものがあります。中には、生活保護を受ける方法や安い公営住宅を紹介したりしてくれる大家さんもいます。

 

どうしても支払わなければいけないときには、即日利用できるキャッシングサービスを利用することも考えられます。無利息期間を上手に利用して給料日後にまとめて返済という方法もあります。