即日利用キャッシング|派遣

派遣元の会社に所属している扱い

キャッシングの審査において、契約社員の派遣先の契約期間はあまり関係がないです。
そもそも派遣で働くことは、長期間1ヶ所の派遣先で勤務するというものではありません。派遣先で雇われているのではなく、あくまでも派遣元に所属しているのです。ですから無職の人の扱いとはまったく違うのです。

 

キャッシングに申し込みされて契約する時点で派遣契約が切れても、今後も同じ派遣会社の派遣社員として働く予定でいるはずです。ですから、これといって特に問題視されるようなことではないので、キャッシングに申込みされても大丈夫なのです。

 

派遣社員というだけで大きなマイナスはない

派遣社員というだけでキャッシングの審査ではマイナスが大きいと一般的に思われていますが、派遣社員ということだけでキャッシングを断られることはありません。
正社員より雇用条件としてのレベルが落ちるとしても、継続した安定収入があれば、審査をパスすることができます。

 

貸出上限額は総量規制によって年収の3分の1までと決まっていますが、実際の融資枠の最大額は審査の状況によって上下します。
また、正社員でも派遣社員も同じ条件ですが、貸出額には違いがあり、一般的に派遣社員は貸出額が低くなります。

 

正社員と比較すると、審査結果や金融機関によって貸出額に差はあると思いますが、キャッシング会社が実施する様々なサービスは、正社員も派遣社員も区別なく利用できます。もちろん派遣社員でもキャッシング即日審査、即日利用もOKなのです。

 

派遣社員の銀行カードローンの審査

銀行のカードローンについてはどうでしょうか?カードローンとなると、キャッシングの審査より厳しいと言われています。やはり正社員と比べるとカードローンも貸出金額が低くなるケースが多いですが、審査を通過することは十分に可能ですし、ローンを組むこともできます。

 

正社員と派遣社員では、キャッシングやカードローンの申込時にどのような違いがあるのでしょうか?
違いはキャッシング申込書の記入時くらいなのです。実はここに、正社員より派遣社員が有利な部分があったのです。
正社員の場合、勤務先の記入はもちろん勤めている会社名を記入しますが、派遣社員の場合は、給料が支払われる派遣先の派遣会社名を記入します。キャッシングの審査の際は、本当に申込者自身が、記入した勤務先に所属しているか?という確認をしなければなりません。その方法は、キャッシング会社から勤務先へ電話連絡がなされることになります。もちろん、キャッシング会社と名乗るわけではなく個人名での問い合わせをし、確認をするのです。
この点を不安に思う方が多いようですね。デスクワークの大きな会社ならば不自然ではないでしょうが、突然電話がかかってくること自体不自然な勤務先に勤めている方も多いでしょう。
そういうことを考えると、派遣社員ならば実際に勤務している会社に連絡が来るのではなく、派遣元の派遣会社に電話連絡がされるので、まったく心配する必要はありませんね。