公共料金を滞納していたらブラックになる?

公共料金は信用情報とは関係なし

基本は問題なし

 

普段の暮らしの中で確実に支払うことになる、電機、ガス、水道といった公共料金を滞納することでローンなどのブラックリストに登録されるのではとお考えになる方は少なからずいるかと思いますが、基本的には公共料金の支払いを滞らせてもブラックリストには登録されません。ローンなどの金融商品の審査に関係する信用情報機関ではクレジットカードやキャッシング、ローンといった取引に関する情報しか登録されないので、公共料金はほぼ無関係な取引として、登録されることはほとんどありません。

 

クレジットカード支払は危険?

 

基本的にはローンには関係しない公共料金の支払いですが、支払い方法がクレジットカード支払いだった場合はそうはいきません。クレジットカード支払の場合、公共料金は個人の口座からではなくクレジットカード会社から行われることになっているので、公共料金の支払い忘れは自分のクレジットカードの支払の滞納と同じことになるので、連日に及んで支払いを忘れてしまうと延滞違約金の支払とともにブラックリストへの登録も行われる可能性が高くなります。特に連続して滞納を続けるとほぼ間違いなくブラックリストに登録されるので注意しましょう。

 

支払い忘れに要注意

 

公共料金やクレジットカードの月々の支払いは、意外なほどうっかり忘れが多いと言われています。もし長期の旅行などで支払い手続ができない状態になっているにも係わらず返済を忘れていると、長期の滞納によってブラックリストに登録される可能性も出てくるので、公共料金でもローンでも、返済日が決まっている手続に関しては必ず期限を守るようにしましょう。最近の金融会社ではそうした返済日について報告してくれるサービスなどもあるので、それらも有効活用しましょう。