即日利用キャッシング

安定した収入が必要。パートアルバイトでも可

無職の場合、申込み基準から外れるのでキャッシングの申込み自体できませんが、同じ無職でも主婦の場合、世帯主の収入証明書類など提出すると申し込める場合があります。
実際、無職でもキャッシングできる金融機関もあります。

 

キャッシングの審査で重要視される条件は安定した収入です。収入がない無職の人は基本的にキャッシングの申し込み審査の基準から外れてしまいます。
もし仮に申し込んだとしても仮審査に通過することはできません。

 

たとえ収入が低くてもパートやアルバイトであれば審査に受かりキャッシングできる可能性は十分にあります。その場合、勤続年数が重視されます。

 

勤続年数が長いと審査に有利

長ければ長いほど審査には有利ですが、最低でも1年以上、仕事をしている必要があります。
金融機関にとって、継続した返済能力があるのかということが肝心なことで、仕事の勤続年数が短いと審査通過は難しいです。
無職ではないにしても、勤続年数があまりに短いと、安定し継続した返済能力が見込めないと見なされ、キャッシング審査の合格基準から外れてしまいます。

 

キャッシングの審査基準はその人の年齢、居住状況、勤務年数、年収などがあります。
これらに加え、金融機関が独自に設けている判断基準が加わるのです。

 

金融機関のキャッシングは20〜50代の人が歓迎されます。これは継続的に働ける年代ということでしょう。年齢が高くなるとキャッシングに不利な面も出てきますが、収入が安定していて、勤続年数が長いとキャッシング条件は有利になります。

 

持家に済んでいると審査に有利

また、居住状況も大きな判断材料になります。
賃貸住宅に住んでいるよりも持家に住んでいるとかなり有利です。持家に住んでいたり、家族と住んでいたりするということは、生活が安定しており仕事を突然辞めるという確率が少ないと考えられます。ですから、継続し、安定した経済力が見込めるという金融機関の判断なのです。

 

このような点からみるとやはり、無職の人がキャッシングに申し込むことは無理があると言わざるを得ません。
ご家族の誰か、代わりに借りてもらうようにするなど、他にお金を借りる方法を考えたほうが良いでしょうね。