キャッシングとサラ金・ヤミ金の違いは?

キャッシングサービスの中でもヤミ金は非合法

負担が少ないキャッシング

 

金融会社が提供しているサービスには様々な種類がありますが、その中でもキャッシングは一括で返済を行うことで借りることが出来るサービスとなっています。一括返済が条件となっているので、カードローンなどのように月々の返済に合わせて金利を支払い続けることが無く、返済総額を大きく減らしつつお金を借りることが出来ます。その代わり一括で借りた額を支払わなければならない分、借りた額が多すぎると返済が途端に難しくなるので、借りる額が少ない時や、返済時に確実に金銭的な余裕が生まれるときだけ利用しましょう。

 

サラリーマン金融とは

 

カードローンをはじめとするキャッシング関係のサービスは、多くの金融機関が採用していますが、キャッシングと一緒にサラ金・ヤミ金といった名称を目にしますが、このうちサラ金はサラリーマン金融の略称を意味します。サラリーマン金融は消費者金融の昔の呼び名で、今ではあまり使われていない名称となっています。どちらかというとあまり良いイメージでは使われない名称とされているので、サラ金といわれると抵抗を感じることもあるかと思いますが、今では消費者金融も法律のおかげでより安全性が高いものとなっているので、ルールさえ守れば上手に使いこなすことが出来ます。

 

ヤミ金は危険?

 

ヤミ金は非合法の消費者金融の総称として使われています。ヤミ金は法外な金利を設定したり、あえて返済が困難な条件を作ってさらに返済総額を増やして利益を得ようとするなど、合法的に運営されている消費者金融とはまったく違うものとなっているので、絶対に利用してはいけません。ヤミ金はブラックリスト登録者でも使えるなど、普通の消費者金融を利用できない方を引き込もうとしたり、より審査が緩いなど非常に借りやすいとアピールする傾向があるので特に注意が必要です。