ブラックだと申し込んじゃダメ?

申し込みはどなたでもOK

ブラックとはなにか

 

キャッシングやローンの審査を受けて、融資を断られるケースがあります。
一般に世間では「ブラック」だからとか「ブラックリスト」に載っているからと言いますが、先ずブラックリストというものは存在していません。存在しているのは個人の金融関係に関する信用情報、つまり名前、性別、年齢、勤め先などの個人情報が信用情報の管理機関に存在しているだけです。ブラックというのは、主に個人の金融関係に関する信用情報に事故情報が含まれていることを指します。そして金融会社が、この事故情報をどれくらいの重みとして判断するかが審査に通るから通らないかの分かれ目です。銀行は厳しいでしょうが、消費者金融では問題なしと判断される場合もあります。

 

ブラックになりうる事故情報とは

 

ブラックと判断される事故情報は様々なものがあります、借入金の返済が3ヶ月以上滞っているなどの場合です。
特に重く見られるのが自己破産申請をした場合でしょう。この情報は10年ほど事故情報として信用情報機関に登録されたままになり、かつ新たなキャッシングの申請は通らないと思った方が良いでしょう。他にも、個人資産の凍結、民事再生法、消費者金融への過払い返還請求なども事故情報として扱われます。これらは最低5年ほど情報が残ります。
この信用情報機関の情報は、複数の機関ほぼすべてで共有されています。

 

ブラックだと申し込んではいけないのか

 

ブラック、いわゆる事故情報のある人がキャッシングの申し込みをしてはいけないのか、ですが、答えは「No」です。キャッシングの申し込みは個人の自由です。ただし、審査に通るかが問題になってきます。無職や勤続期間が6か月未満だと事故情報が無くても断られることがあります。
信用情報機関の情報は各機関で共有しているものなので一概には言えませんが、キャッシングを利用しようとしている金融会社が、どの信用情報機関と提携しているかを調べることが重要です。提携している信用情報機関に対して個人情報の情報開示を請求することができます。そこに事故情報が無ければ審査は通りやすくなると思われます。