在籍確認って必ずされる?

在籍確認は必ず行われます

在籍確認とは

 

キャッシングを申し込む場合には、信用審査のために在籍確認という項目が存在しています。信用審査をする上で、本人確認と、申請した職場に本人が本当に在籍しているかどうかを電話などで確認することです。
まれに、以前在籍していた企業や手に入れた名刺を使用してキャッシングの信用審査を通そうとする人がいるために、本人が申請した企業に在籍しているかどうかを確認します。信用審査を行う側も個人名で在籍確認を行うため、最近では個人情報保護法などの観点から、素直に教えてくれない場合もあるようです。

 

在籍確認は必ずされるのか

 

結論から言うと、在籍確認は必ず行われます。これは元金を確実に返済してもらうためです。ただし、以前は貸す側の社員が個人名でキャッシングの申し込みを行った人の在籍確認を電話で行っていました。現在は、個人情報保護法やセキュリティの厳しい会社の守秘義務の観点から、電話での確認がなかなかできない状態になっています。
そこで現在では、本人確認できる書類(免許証や保険証など)と合わせて、社員証、名刺などで代替えの在籍確認を行うことがあります。社員証などは写真の入ったものもありますし、名刺などではメールでの確認が行えるためです。

 

在籍確認の特殊免除例

 

前項で在籍確認は必ずあるとしましたが、特例的に在籍確認されない場合があります。
特に銀行のキャッシングの場合、給料の振込銀行であり、公的料金の引き落とし、携帯電話の未払いなどに問題がないというケースです。実際にキャッシングの申請をした時の会社名が、毎月振り込まれる会社の名前が同一で、月々の支払いの引き落としに問題が無く、携帯電話などの比較的高額な支払いにも問題が無い場合、在籍確認は行わず、信用審査会社のデータに問題が無ければ在籍確認が不要になる場合があるようです。