自動融資のデメリット

知らぬ間に借金が大きくなるかも...

自動融資とは

 

まず自動融資とはどのようなものでしょうか。
これは、公共料金の支払いやキャッシングの支払いで、支払いに利用している口座の残高が足りなくなってしまった場合に、契約している貸金会社から自動で借り入れて、残高不足を防ぐ機能です。
つまり自動融資とは、口座の残高が足りなくなってしまう場合に備えた保険的な機能で、申し込みをしなければ付けることの出来ない機能です。必ずしも各会社がこの自動融資の機能を備えてはいないので、あらかじめ、自動融資が必要な場合はこの機能を備えている貸金会社を選ぶ必要があります。

 

自動融資の注意すべき点

 

自動融資というからには、自動で借り入れてしまうわけなので、自分の思いもよらない場面で借り入れてしまうことにもなりかねません。自動とはいえ借り入れるわけですから、そこには利息が発生します。つまりどんどん借金の額が膨れ上がることにもなりかねません。
また、自動融資で何とかなると思っても、自動融資に該当しないお金の使い方もあります。主に競馬などの賭け事に関する引き落としがそうです。この場合、自動融資になってしまう額に達しないよう注意が必要です。
また、借入利用金額・限度額が少ない場合に、その金額を超える自動融資は受けられないという場合もあります。そのため口座の残りの額に注意しておく必要があります。

 

自動融資すべきか否か

 

全ての場合においていえるのが、自分の口座の金額を常に把握しておく必要があるという事です。もし、自動融資を選択したとしても、融資を受けたことを把握し、借入金額がどれだけ増えたかを常に把握しておきましょう。自動融資は便利ですが、きちんと自分の金銭を管理できる人に向いていると言っても良いでしょう。借入金額が思いもよらずパンクしてしまわないよう、注意が必要です。