自動融資のメリット

信用情報に傷がつく不安を解消

自動融資機能とは
銀行系のカードローンなどでは「自動融資機能」というサービスが利用できることがあります。自動融資機能とは水道、電気、ガスなどの公共料金やクレジットカードの決済などで銀行口座から引き落とされるときに、残高不足でも自動的に融資を行って支払ってくれる機能のことです。ただ、多くの銀行ではキャッシュカードを使って自分の口座からキャッシングすることも可能です。自動融資機能を利用したい場合は、カードローンに申し込んで、契約した普通口座で自動融資ができます。しかし、カードローンの利用限度額を超えた場合は、自動融資機能は使えなくなりますので注意しましょう。

 

自動融資機能は便利か
仕事が忙しくお金を振り込む暇がない、または引落しされる日を忘れていたというときに自動融資機能はとても便利です。特にクレジットカードの支払いが遅れると信用情報に傷がつく可能性があります。その場合、新しいクレジットカードを作ることができなくなったり、利用限度額が低くなったりするなどの弊害がでてきます。ここで自動融資機能を使えば、信用情報に傷が付く心配はなく、弊害が起きる可能性は低くなります。自動融資には自動で借入した分の利息がつきますが、銀行のキャッシングなので、消費者金融で借りるより低い利息でお得に借りられます。

 

自動融資機能メリットまとめ
一番のメリットは、支払いが滞ることなく済ませられるという点です。自動的に支払が滞ることを回避してくれるので、利息がかかっても利便性の方が勝っているでしょう。
しかし、自動で融資をされるので、自分がどのくらい借り入れをしているのか分かりづらく、知らないうちに借りすぎていて支払いが出来なくなる可能性もでてきます。そのため、日頃からしっかりと自分の口座の残高を把握して、資金管理をすることをおススメします。