即日利用キャッシング|派遣労働者

派遣社員はアルバイトよりも断然有利。在籍確認もとりやすい

キャッシングに申し込むと、どんな雇用形態であっても、審査時に在籍確認が行なわれますが、派遣社員や契約社員は、アルバイトやパートよりもキャッシングの審査に通過し即日利用しやすいです。
なぜかというと、派遣労働者は、安定した仕事ができる技術があり、契約期間が切れても、すぐに新しい職場が見つかり働くことができるので、キャッシングしたお金の返済能力があると見なされるからです。

 

派遣社員は思ったほどキャッシングに不利ではない

派遣社員というと、安定性のない雇用形態なので、キャッシング審査に不利というイメージがあります。
一昔前は確かにそのような風潮がありましたが、今は派遣社員という雇用形態が増えており、キャッシングする人も増えているのが現状です。
派遣労働者は、全労働者の約35%以上も占めています。
雇用形態が大幅に変わり、キャッシングも以前は悪いイメージがありましたが、昨今ではごく普通の風潮になってきました。
だから、派遣労働者であっても、安定した収入があれば、キャッシング審査に不利ということはありません。 

 

在籍確認は派遣元に

派遣労働者の在籍確認は、通常の方法とは異なります。
通常、正社員の場合、キャッシング会社は仕事先に個人名で電話連絡をし、本人在籍確認を取ります。
これは、キャッシングを申し込んだ本人が、その仕事先の社員であり、その会社から給料をもらっている場合です。
派遣社員の場合、これが異なり、派遣会社の社員であり仕事先の社員ではありません。派遣会社がその仕事先に派遣した社員なので、給料を支払うのは派遣会社です。

 

このため、キャッシング会社は、派遣先の会社に電話し、その派遣社員の在籍確認をとります。
派遣先には、キャッシングしたということが知られてしまいますが、仕事先に知られることはありません。
だから回りに知られずにキャッシングできるというメリットがあります。