審査に通りやすいタイミングってある?

長期的に審査が通りやすくなるタイミングがある

キャッシングと審査のタイミングの関係

 

結論から言うとキャッシングの審査を受ける際の、審査に通りやすいタイミングには短期的なものはほとんどありません。どちらかというと長期的な時期が関係するものが多くなります。
逆に、審査に通らなくなるタイミングは殆ど即時と言っていいでしょう。これは、審査を受ける際に事故情報などがある場合です。事故情報とは、返済金の遅延(ほぼ3ヵ月の遅延)や自己破産申請をしたなどの情報のことで、様々な情報機関に1か月以内に共有されます。世間でいう「ブラックリストに載った」というものがこれに相当します。

 

長期的な審査が通るタイミング

 

先ほども書きましたが短期的に審査に通りやすいタイミングは殆どありません。逆に、長期的なことを考えるといくつかのタイミングが考えられます。
先ず代表的なものが、会社に勤めている長さを表す勤続年数です。勤続年数は長くなればなるほどその信用は上がります。約6年以上の勤続年数で、他に事故情報が無ければ審査は通ると思われます。ただし、返済金の延滞や個人再生法にのっとった資産の整理をした場合など事故情報がある場合は、最低5年間は審査が通りにくくなっています。自己破産の場合は長期的で10年は事故情報として残るでしょう。
ですから自分がそのようなケースに該当する場合は、事故情報が消去されたときがキャッシングの審査が通りやすいタイミングと言えるでしょう。

 

短期的な審査が通るタイミング

 

短期的な審査に通りやすいタイミングは殆どありません。しかし、全く審査が通らないというわけではありません。特殊な例としては、過去に事故情報が無いこと、株式一部上場でかつ店頭銘柄になるような大企業に勤めていること、試用期間が殆ど終了している勤続継続期間が6か月を過ぎていることなど、これらの条件をクリアしている場合審査に通ることがあります。ただし、絶対に通るとは限りません。