審査に通らない原因とは

基準は、「ちゃんと返済できそうかどうか」

どの様な審査をされているか知ること

 

キャッシングやローンを申し込もうとしても「申し訳ありませんが、今回のお取引には応じかねます。」と言われキャッシングの申し込みを断られることがあります。
では、審査ではどの様なことを調べて判断しているのでしょう。
審査では、属性、信用情報、書類確認、在籍確認などが調査されます。
属性審査は、個人の情報に関するもので申請時に申告した内容に沿って審査されます。
信用情報審査は過去のキャッシングやローンの履歴審査です。
書類確認、在籍確認は申告した年収などを証明する源泉徴収票などです。源泉徴収票や給与明細などは社名が入っているため在籍確認の補助的資料にもなります。

 

では、なぜ審査に通らないのか

 

先ずは、申請の時に申告した内容と齟齬がある場合です。
特に年収などは銀行以外のキャッシングでは総量規制が行われるので、年収の三分の一がキャッシングの上限となります。年収を多めに書いてごまかしても、給与明細から判断してあり得ないと思われれば、審査は通りません。
また、信用情報においても過去のキャッシングで返済が滞りがちな場合、審査が通らないことがあります。
結局お金を貸す側としては、正直に申請をして過去に金銭的にトラブルのない、貸した元金と利息を正しく収めてくれる人かどうかを審査しています。

 

審査に通らないのはブラックなのか

 

様々な審査の結果、キャッシングを断られることがあります。
ただしそれが、俗にいうブラックリストに載っているからということではありません。
例えば、新入社員で入社まもなくの時、試用期間の時期なので例えブラックでなくとも審査はほぼ通らないでしょう。
また、高齢者の場合も通らないことが多い様です。世界一の長寿国の日本であってもある程度年齢が上の方は、貸し倒れのリスクがある為です。
先ずは、どのような審査が行われるのかを知るのが一番です。