即日利用キャッシング|審査時間

真っ先に考えられるのは書類の不備

WEB上での自動審査は、10秒診断、3秒で診断、中には1秒で診断というところもあります。
こんなに短い時間で審査に通り即日利用できる人はラッキーですが、通らない人もいます。特に本審査には時間がかかる場合があります。このように審査の時間に差が出るのは、どのようなことが考えられるのでしょうか?

 

まず一番大切な本人確認や在籍確認ですが、本人確認の為の運転免許証、保険証などのコピーを提出しますが、コピーが不鮮明で確認できない場合は、コピーを取り直して送り返すよう連絡されます。

 

書類を不備なく用意して審査に臨む

このような部分で時間をロスするのはもったいないです。書類等のコピーは読み取れる鮮明なものを送りましょう。
運転免許証は携帯の写メールで写してという人が多いですが、写真の機能としても劣るので、おすすめの方法ではありません。コピーしたものを送るか、パソコンに接続しているプリンターでスキャンして、WEB上で送信すると確実です。スマホのカメラなどで撮影する場合は、証明の反射などが移りこまないように工夫しましょう。

 

審査に時間がかかる理由として、コンピューター上の仮審査申告と本審査の書類上申告の食い違いなども上げられます。審査が早くスムーズに行われるためにも、WEB上の仮審査だからといって適当にしてはいけません。正しい情報を申告しましょう。

 

複数のキャッシングに同時に申し込むのは考え物

また3社以上同時にキャッシングを申し込むとどうでしょう。複数社同時に申し込んでいる場合も審査に時間がかかります。しかも審査に通る可能性は低くなります。
また、過去にキャッシングしていた場合も、返済期日までに返済しているのかどうかなど、確認事項が多くなればそれだけ審査に時間がかかります。

 

審査をスムーズに行うためには、電話かWEB上で予め申し込み、仮審査をしておき、個人情報センターに問い合わせ、自身の金融情報を把握しておくというのも大事です。